ペルモビール株式会社

Yasutaka Murata

生まれつき四肢に重い障害がありながら、毎日、片道2時間かけて通勤している村田さん。パソコンやスマートフォン、エレベーターなどの操作は誰の手も借りず、口にくわえたペンでおこなっています。

なぜペルモビールを選びましたか?

カッコイイ電動車いす、そして身体への負担が和らぎ長時間乗っていられる電動車いすとして、ペルモビールを選びました。
スポーツカーのようなデザインで知らない人からカッコイイと声をかけられることもあります!

各電動機能をどのような場面で利用しますか?

通勤で往復4時間、仕事で8時間と最低でも1日の半分を電動車いすの上で生活しています。長時間同じ姿勢でいると、背中や腰、足など全身が疲れてしんどくなるので、リクライニング・ティルト・足台エレベーションを複合的に使い安楽姿勢をとっています。
また、エレベーターのボタンや机の高さに合わせるのに、座面昇降機能を利用しています。

どのようにしてペルモビールを購入しましたか?

補装具費支給制度の特例補装具で申請しました。当初はティルトのみの支給となりましたが、必要性を強く訴え、ご理解していただいた結果、全額公費で認められました。

移動手段は何を利用していますか?

電車を利用しています。路線によっては電車とホームとの高さが無く、一人で乗り降りできます。